「長崎保険医新聞」の中から、連載企画や記事をピックアップしてご紹介します。

新春鼎談「対話の力で“軍拡許す”日本の空気を変えたい」(長崎保険医新聞23年1月号)
税務労務年間手続きカレンダー(長崎保険医新聞23年1月号)
2022年協会活動をふりかえる(長崎保険医新聞22年12月号)
妊産婦医療費助成制度は県民の願い 安心して産み、育てられる長崎に(長崎保険医新聞22年12月号)
こども医療費助成制度 県民の声 2万筆を提出 記者発表で18歳まで拡充を訴える(長崎保険医新聞22年12月号)

・連載「軽度・中等度難聴者に対する補聴器購入費助成制度について」
 神田幸彦先生(萌悠会耳鼻咽喉科 神田E・N・T医院、長崎県補聴器キーパーソン)
  第1回:補聴器助成による早期難聴対策は医療費削減に
  第2回:全国の自治体に広がる補聴器購入費の助成制度
  第3回:生涯を通した支援体制拡充の必要性

無影燈
協会新聞1面に掲載しているコラムです

税務・人事労務ワンポイント
税務と労務に関する情報をQ&Aでわかりやすく解説

医師・歯科医師のための法律相談
3人の協会顧問弁護士が事例ごとに解説。相談も受付中

【県内美術館・記念館めぐり】行ってみんね、来てみんね~
県内の美術館などを紹介