被爆体験者に対する血も涙もない仕打ちに抗議する

協会は岸田首相の被爆体験者への対応について下記のとおり抗議文を発出しました。

岸田 文雄 内閣総理大臣 殿

2022年8月10日
長崎県保険医協会
会長 本田 孝也

被爆体験者に対する血も涙もない仕打ちに抗議する

昨年、広島高裁の「黒い雨」判決をうけ、菅前総理は原告と同じ事情にある方々は救済の対象とするという談話を閣議決定した。しかし、長崎はその対象外とされた。
被爆地出身の総理大臣が誕生したとき、今度こそ長崎でも被爆体験者が被爆者と認められると期待した。しかし、策定された被爆者認定新指針では長崎は対象外となり、本年4月から広島では被爆者健康手帳の交付が始まったものの長崎の被爆体験者は対象とはならなかった。
8月9日、平和祈念式典の午後の会見で、被爆者4団体が被爆体験者の被爆者認定を求めたのに対し、総理は被爆体験者支援事業の対象疾患に「癌の一部を加えることを検討する」と答えた。要望の答えになっていない。被爆体験者が求めているのは被爆者認定である。しかも「癌を加える」ではなく「癌の一部を加えることを検討する」とは何とみみっちい。
岸田内閣は「国民の声を丁寧に聞き、政策に反映させていく」を基本方針とした。国民の声を聞くといいながら、被爆者や被爆体験者は国民のうちにはいっていないのか。いつまでそうやって時間かせぎをするのか。そうやって時間稼ぎをして被爆体験者の最後の一人が死に絶える日を待つのか。総理は国会で長崎では被爆者と認定されない理由を問われ、「過去の裁判例との整合性、そして黒い雨が降った地域の存在を示す客観的な資料の有無を整理する」と答弁した。それなら長崎県の「黒い雨に関する専門家会議」が7月5日に「最高裁判決は判例に該当せず拘束力をもたない。長崎の被爆未指定地域にも実際に降雨があった」という最終報告書を提出している。読んでいないのか。読んでいて無視したのか。都合の悪いことは無視し、臆面もなく被爆者認定には触れず、「癌の一部の追加の検討」でお茶と濁す。この日に僅かな期待をかけてきた被爆体験者の落胆や察して余りある。ひどいではないか。かわいそうではないか。総理には血がかよっていないのか。どうして広島だけ手帳がもらえるのか。合理的な説明を求めたい。

以上