健康一口メモ/高齢妊娠とは

高齢妊娠とは

 高齢妊娠とは、35歳以上で分娩を迎える妊婦さんに対する言葉です。近年の晩婚化傾向から、その割合は徐々に増加しつつあり、現在では全妊娠のうち1割以上を占めるといわれています。
 「高齢妊娠なんですけど大丈夫でしょうか。」と質問される妊婦さんが非常に多くいらっしゃいます。赤ちゃんに異常がないかどうかが一番の不安、という方がほとんどです。
 高齢妊娠で明らかに増加するものに、ダウン症をはじめとした染色体異常に伴う病気です。35歳で400人に1人、40歳で100人に1人ほどの割合で発症するといわれております。
 ご希望の方は染色体検査を受けることができますが、施設が限定されるということに加え、事前にしっかりとしたカウンセリングが必要となりますので、ご夫婦でじっくりと相談したうえで検査を受けるかどうかを決めていただく必要があります。
 お母さんに関しては、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった合併症は増えますし、出血量、分娩所要時間、帝王切開率にも関係してきます。しかし、すべての方がハイリスクというわけではもちろんありません。
 体重を増やしすぎない、規則正しい食生活を送るなどのことを守っていただき、赤ちゃんの成長が順調であれば必要以上に怖がる必要はありません。
 快適な妊娠生活を送るためにも、妊娠が判明したら産科施設を受診し、信頼できる主治医を決めた上で、ご夫婦でしっかり話を聞いてください。いつの時代も産科医はお母さんの味方です。(2016年12月放送)