健康一口メモ/妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

 妊娠中に歯科治療を受けようかと迷っている方がいらっしゃるかもしれません。お腹がそこまで大きくなっておらず、心身ともに落ち着いてくる安定期でしたら、歯科治療を受けましょう。むし歯を放置し痛みを我慢してストレスをためるよりは、治療して痛みをとってもらう方が胎児にとってもよいと思われます。
 治療時には必要があれば局所麻酔を行いますが、麻酔薬は胎児にはほとんど影響がありません。レントゲン写真も必要に応じて撮影します。鉛入りのエプロンを着用してお腹を守りますし、撮影部位がお腹から離れているためX線を浴びる量はあまり気にしなくていいでしょう。痛み止めや抗生物質などのお薬は、飲まないに越したことはありません。しかし、必要があれば処方する場合もあります。妊娠中に内服しても安全な薬を出しますので、不快な症状が強い場合には処方してもらってください。また、妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れることにより、歯肉炎を起こしやすくなります。つわりで歯磨きが困難になることもあるでしょう。歯周炎は早産や低体重児出産のリスクを高めることが分かっています。
 もし体調に不安があるようでしたら、産婦人科の主治医にお尋ねください。
 出産後に治療をしようと思っていても、赤ちゃんがいるとなかなか治療に出かけにくいものです。出産前の1人の時の方が、出産後2人になってからよりも自由が利くと思います。痛いところや気になるところがあれば、安定期の早いうちに歯科を受診してみてください。(2016年10月放送)