起立性調節障害

起立性調節障害

 小学校高学年や中学生の頃、朝なかなか起きられなかったり、朝礼の時に立ちくらみで倒れたりした経験はないでしょうか。寝起きが悪く、日中は調子が悪いけれど、夕方になると元気になり、逆に夜は寝付けないという場合、もしかしたら起立性調節障害という病気かもしれません。
起立性調整障害は、思春期によく見られ、体と自律神経の成長するバランスが乱れるため、立ちくらみやめまい、頭痛、腹痛、倦怠感など様々な症状を引き起こします。しかし本人の訴えでしか判断できない症状が多く、午後や夜には元気になることから怠けや学校嫌いと捉えられる場合もあります。小学生の五%、中学生の10%に見られる頻度の高い病気です。
自律神経は、季節や気候の変化、生活リズムの乱れ、心理的・社会的ストレス等から影響をうけますが、思春期は特に、学校での人間関係や急激な身体の成長と変化など、特有な心理的ストレスが多く、また精神的にも成長の途中であるため、さまざまな症状が強く現れます。症状が強いと学校に行けなくなり、不登校の原因になることもあります。逆に不登校の生徒の30~40%に起立性調節障害が見られるといわれています。
軽い症状であれば、生活習慣の改善だけでよくなりますが、重症の場合は薬による治療が必要になります。
該当する年齢のお子さんが、頭痛や朝起きられないことを訴えるようであれば、怠けや学校嫌いなどと決め付けず、かかりつけの小児科を受診してください。(2019年5月)