健康一口メモ/繰り返す腎盂腎炎

繰り返す腎盂腎炎

 腎臓の主な働きは、尿を作り体の老廃物を体外に排泄させることです。その腎臓の中で、尿が溜まるところの腎盂で細菌が繁殖した炎症のことを腎盂炎、さらに腎臓の内部にまで炎症が及んだものを腎盂腎炎といいます。原因の大半は大腸菌による感染です。女性は、尿道が短くて出口が膣や肛門に近いため膀胱炎になりやすく、膀胱に入った細菌が腎臓まで逆流して腎盂腎炎まで進行することがあります。
腎盂腎炎の症状は、発熱・腰痛です。熱は、午後夕方ころから寒さや震えとともに38度~40度の高熱が出るのが特徴です。腰痛は、感染した方の腎臓の痛みです。膀胱炎から続いておこることが多いので、排尿時の痛みや頻尿・残尿感も伴います。
治療の基本は抗生物質による薬物療法ですが、安静と十分な水分補給も重要です。尿量を増やして、腎臓で繁殖した細菌を洗い流しましょう。
腎盂腎炎は、きちんと治療したら治る病気ですが、時々腎盂腎炎を繰り返すことがあります。原因として第一に考えられるのは、治療が不十分な場合です。症状が改善しても自己判断で治療を中断するのはやめましょう。次に考えられるのは、耐性菌といって通常の抗生物質が効かない細菌が原因の場合ですので、効果のある抗生物質へ変更します。また、腎盂腎炎になりやすい病気があります。膀胱の尿が腎臓に逆流する膀胱尿管逆流という生まれつきの奇形や、腎結石・尿管結石などです。原因となる病気の根本的な治療が必要です。
腎盂腎炎を繰り返す時には、泌尿器科専門医への受診をおすすめします。(2018年10月)