健康一口メモ/憩室炎

憩室炎

 憩室は大腸の壁の一部が外へ袋状に飛び出しているもので大腸検査で偶然発見されることがありますが普通は無症状です。炎症を起こすと憩室炎となり腹痛や発熱、下血を来たします。ごくまれに急に大出血しショック状態になります。近年の高齢化、食生活の欧米化に伴い、日本でも大腸憩室炎が増加しています。野菜など食物繊維の摂取が減少すると、便の量が少なくなり腸の運動に変化が起こり腸の中の圧が高くなって憩室ができやすくなると言われています。大腸憩室炎に特有の症状はありませんが、下腹部の痛みが続く場合には大腸憩室炎の可能性がありますので受診をおすすめします。日本で多い右側の大腸憩室炎では右下腹部痛を伴うことが多く急性虫垂炎との区別が必要になります。左側の大腸憩室炎では腸に穴が空きやすく、血圧が下がり重症化することもあります。診断は、超音波検査やCT検査によって行われ、軽症の場合、絶食と点滴によって腸管の安静および抗菌薬投与によって保存的に治療します。また、出血の場合は内視鏡を使って血を止めることもあります。ただし、大腸憩室炎は再発することが多く、一旦症状が落ち着いたとしても慎重な経過観察が必要です。重症例では手術が必要となる場合もあります。手術の方法は腸管の切除や膿をお腹の外へ出すチューブを挿入する手術である膿瘍ドレナージなどが行われます。憩室が破れたり、腹膜炎の程度がひどい場合には人工肛門を作ることもあります。(2018年2月)