健康一口メモ/溶連菌感染症

溶連菌感染症

 溶連菌感染症とは溶連菌という細菌がのどに感染して、のどが痛くなり、熱が出る病気です。顔や体に赤い発疹が出たり、舌にイチゴの様なブツブツができたりします。
幼児や学童期の子どもに多く、幼稚園や学校の集団の中で流行ることもあります。大人にもうつります。
最近では、のどの奥を拭うだけで短時間に診断ができるようになりました。
のどの検査で溶連菌がいることがはっきりしたら、抗生物質を10~14日間飲みます。
2~3日でのどの痛みや発熱などの症状は軽くなります。しかし、途中で薬を止めてしまうと再発したり、リウマチ熱や腎炎などの合併症を起こすことがあるので、指示通りに最後まで飲むことが大切です。
家庭で気を付けることとしては、家族に同じような症状の人があれば、のどの検査を受けましょう。食事は、のどごしが良く、消化のよいものを与えましょう。食べるのが辛いようでしたら水分だけでもしっかり取るようにしましょう。また、熱が下がればお風呂に入ってもかまいません。お薬を飲み始めて二~三日たっても熱が下がらず、のどの痛みも消えないようだったらもう一度診察を受けてください。
抗生物質を飲み始めて熱が下がり元気であれば、登園・登校してもかまいません。
念のため、治療を始めてから二~三週間あとに尿検査をして、尿に異常がないことを確かめましょう。
のどの痛みや発熱、発疹の症状がある場合は早めにかかりつけ医に相談しましょう。(2018年9月)