健康一口メモ/魚の目たこ

魚の目たこ

 うおの目、タコといえば、足にできる固くて痛いものですね。できれば早くなくなってほしいですが皆さんどうしていますか?

 先ずは柔らかくするテープを貼って自分で削る。或いは痛いところが当たらないよう絆創膏を貼るなど工夫していることと思います。でもむやみに削るとキズつけてかえって悪化することもあるため注意が必要です。
うおの目やタコができるのには必ず原因があります。

 普段履かない靴を履いたり、慣れている靴でも歩きすぎたりすると、骨が固い所に当たってしまい、その部分の角質が急に厚くなってしまうのです。タコは角質が厚くなるだけで痛くないことも多いですが、うおの目は中心に芯ができ、奥に向かってくさび形に厚くなり、その芯が歩くたびに神経を刺激して痛みを感じます。
病院ではまずこの痛みをとり、さらにうおの目ができた原因をさぐり再発しないようアドバイスしていきます。安全な治療と再発防止のために一度病院でご相談ください。

 なお、お子さんの足に痛いできものができてもほとんどがうおの目ではなくイボです。イボはウイルスが原因ですので削ると増えたり手や顔にまでうつることもあります。形成外科や皮膚科などの早めの受診をおすすめします。(2017年9月)