健康一口メモ/赤ちゃんの突然死

赤ちゃんの突然死

 それまで元気だった赤ちゃんが、気づいたら寝ている間に呼吸・心臓が止まっており、病院に搬送しても原因がわからず死亡を確認されることがあります。これを乳幼児突然死症候群、略してSIDSといいます。最近は減少傾向ですが、平成27年度には我が国では96名の赤ちゃんがSIDSで亡くなっており、乳児期の死亡原因の第3位となっています。

 SIDSには様々な原因があると思われますが、予防については次の三つのポイントを守ることにより、発症率が低くなるというデータがあります。一つは、一歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせるということです。また分厚い布団をかけたり、柔らかすぎて沈み込む敷き布団で寝かせたりすることも控えましょう。特に呼吸中枢の発達が未熟なタイプの赤ちゃんが、このような環境で寝ると、眠りが深くなりすぎるためか、苦しくなっても眠りから覚めにくくなるためではないかと考えられています。

 二つ目は、子どものまわりで家族がタバコをやめることです。妊娠中の喫煙はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも悪い影響を及ぼします。また、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙もやめましょう。

 三つ目は、できるだけ母乳で育てることです。

 最後に、SIDSに限らず、赤ちゃんの病気は急速に悪くなることが多い特徴があります。顔色が悪い、速く大きな呼吸をして苦しそう、母乳やミルクが飲めない、このような症状が出た場合はすみやかに小児科を受診するようにしましょう。(2017年6月)