健康一口メモ/過去の病気ではない結核

過去の病気ではない結核

 結核は、結核菌によって起こる感染症であり、かつて脚気と並んで二大国民病とされ1950年まで日本人の死亡原因第一位でした。その後BCG接種による予防法、健診での早期発見や治療法が進歩して著しく減少したものの、日本では今でも年間1800人以上の新しい患者さんが発生し、毎年2000人前後の人が死亡している忘れてはならない病気の一つです。結核は患者さんの咳やクシャミなどで飛び散った結核菌を他の人が吸い込む空気感染で起こります。すべての人がすぐに発病するとは限らず、感染後1~2年から数十年経って結核を発症する場合もあります。結核の多くは肺結核ですが、腎臓、リンパ節、骨など他の臓器が冒されることもあります。高齢者や乳幼児、他の病気で免疫力が低下している人などは特に注意が必要で、学校や職場などで集団発生することもあります。初期の症状は風邪と似ていますが、身体のダルさ、食欲不振、微熱や寝汗、咳や痰などを繰り返し長期間続くのが特徴です。痰の検査で結核菌が確認されたら入院して治療することになります。結核を予防するには、過労・睡眠不足・栄養不良などに注意し免疫力が低下しないよう規則正しい生活を心掛けましょう。

 また、早期発見、早期治療のため、胸部レントゲン撮影など定期的な健診をきちんと受けることも重要です。気になる症状があれば早めに医療機関を受診してください。(2017年11月)