内科/入浴死を防ぐために

入浴死を防ぐために

  入浴中に突然死亡する「入浴死」が、交通事故死より多いことをご存知でしょうか?全国で毎年約1万5千人が亡くなっていると推定されています。自宅の風呂場で一人入浴中に起こることが多く、気温の低い冬の時期は特に注意が必要です。

原因としては、心筋梗塞や脳梗塞・脳出血などの病気によるものや、てんかん発作などの意識消失によるおぼれ(溺死)などがありますが、入浴による血圧の急激な変化や体温の上昇、水圧の影響など色々な原因が考えられています。

肩まで浸かって身体を温めるという日本特有の入浴法は、シャワーが多い外国と比べると入浴死の発生頻度が高いので、できれば身体半分程度をお湯につける半身浴がおすすめです。

以下、入浴中の突然死を予防するための注意点を挙げてみます。

まずは浴室と脱衣室の温度差がないようにするため、暖房やシャワーでお湯を入れるなどして部屋を暖めておきましょう。お湯の温度は40℃前後程度とし、熱い風呂や長風呂は危険です。高齢者や心臓病、高血圧などの方は特に注意が必要で、体調が悪い時は入浴を控えましょう。飲酒後や睡眠薬など薬を飲んだ後の入浴は事故の元です。気温の低い深夜や早朝の入浴もよくありません。浴槽から出る時の急な立ち上がりは、血圧が低下し立ちくらみの原因になります。また、家族など同居の方は、入浴中の声かけが異常の早期発見につながります。入浴前後は、必要に応じて水分補給をしましょう。何れにしても事故のない入浴を心がけてください。(2015年放送)