泌尿器科/夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは、夜睡眠中に排尿のために1回以上起きなければならず、そのために困っている状態を指します。通常は2回以上を問題としています。夜間頻尿が問題となるのは生活の質を低下させるからです。

頻度は若年者で10~30%、高齢者で40~80%と報告されており、高齢者で多く、日本では男性が女性より多い傾向です。また、特に3回以上の夜間頻尿は75歳以上の高齢者で急激に増加します。

夜間頻尿の原因は大きく3つに分けられます。

1つ目は夜の尿量が多い夜間多尿です。多尿には水の飲みすぎ、脳梗塞や心筋梗塞予防のための水分摂取、加齢に伴うホルモン異常、利尿剤などの薬剤性、糖尿病や高血圧症などの病気そのものによる多尿があります。

2つ目は残尿が多くなったり、膀胱が過敏状態になって尿の回数が多くなることがあります。

3つ目は不眠症やうつ病、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群などによる睡眠障害です。目が覚めるから頻尿になるのか、頻尿のために不眠となるのかは明確ではありませんが、悪循環を来たします。

以上のように、夜間頻尿は原因が多岐にわたり、治療もそれぞれに異なります。お悩みの方は、かかりつけ医や泌尿器科専門医に一度ご相談ください。(2014年放送)