外科/肺がん

肺がん

日本人の最新のがん統計では、肺がんは男性で第1位、女性で第2位です。肺がんは、大まかに小細胞肺がんとそれ以外の非小細胞肺がんとに分けられ、一般的に肺がんの多くが非小細胞肺がんです。以前は喫煙と関係の深い肺がんが多かったのですが、最近では大気汚染や食事の欧米化なども関係があると言われており、近年増えている喫煙しない女性の肺がんがこれに当たると言われています。

肺がんの発見方法ですが、肺の中心に近い大きな気管支に発生する肺がんでは、そこからこぼれた細胞が混じった痰を検査することで見つかることがあります。しかし、最近増えている肺がんは大きな気管支からは遠い肺胞と呼ばれる部分から発生するため、痰の検査は有効ではありません。このような肺がんを見つける一番良い方法は胸部レントゲンやCTなどの画像検査を行うことです。特に高齢で過去に喫煙歴がある方や現在も喫煙している方はCT検診をおすすめしています。

治療法としては、手術が第1選択です。最近は胸腔鏡と呼ばれる内視鏡カメラを使った手術が安全に行われ、手術後の回復も以前に比べるととても早くなりました。手術ができない場合には、状況に応じて抗がん剤、放射線などによる治療が選択されています。分子標的治療薬など新しい有効な抗がん剤の種類も増えています。

現時点では、早期発見のための定期検診と禁煙こそが肺がんを克服する一番有効な方法であると言えるでしょう。(2014年放送)