小児科/日本脳炎ワクチン

日本脳炎ワクチン

  日本脳炎は、日本脳炎ウイルスに感染することによって起こります。突然の高熱、頭痛、嘔吐、意識障害及び痙攣などを主な症状とする急性脳炎で、命に関わる重大な病気です。

日本脳炎ウイルスは、まず豚に感染し、この感染した豚の血を吸った蚊が人間を刺さすことによって、人に感染します。人が感染した場合、百人~千人に1人くらいの確率で脳炎を起こします。ワクチンの普及と生活環境の改善などにより患者数は非常に減少しましたが、最近でも西日本を中心に毎年十名程度の方が日本脳炎にかかっています。

日本脳炎にかかってしまった場合、根本的な治療法がなく、対症療法を行いますが、残念ながら20~40%の方は命を落としてしまいます。助かった場合でも後遺症が残ってしまうことが少なくありません。ですから、免疫をつけて予防することが大事です。

日本脳炎のワクチンは定期予防接種として受けることができます。1時期接種を見合わせていた時もありましたが、新しい製法のワクチンが発売され、全年齢で接種がすすめられています。

日本脳炎ワクチンの標準的な接種時期は、第1期初回が3歳、追加が4歳、第2期が9歳です。

これに加え、接種を見合わせていた期間に接種できなかった、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は救済処置として、20歳になるまでは、不足分の回数の日本脳炎ワクチンを、いつでも受けることができます。(2013年放送)