小児科/夏かぜってなんですか?

夏かぜってなんですか?

 いわゆる風邪はウイルスによる感染症の1つです。冬は低温、乾燥を好むウイルスが悪さをするのに対し、夏は高温、多湿を好む腸管ウイルス群やアデノウイルスが悪さをします。腸管ウイルス群による手足口病やヘルパンギーナ、アデノウイルスによる咽頭結膜熱が夏風邪です。ウイルス感染症なので菌を殺す特別な治療はありません。さらに発疹が出ても痒くなければぬり薬は不要です。

手足口病は手、足、口だけでなくおしりにも小さい水ぶくれができ、時に発熱しま

す。ヘルパンギーナは手足口病と同様に口内炎を起こし、時に高熱が出ます。口内炎を起こすと酸っぱいもの、しょっぱいもの、固形物が食べられなくなります。高熱が続くときは無菌性髄膜炎の可能性もあり、ウイルスの種類によっては後遺症を残すことがまれにあります。咽頭結膜熱はプールを介して流行することが多いためプール熱ともいい、数日間の高熱、目の充血が出ます。

次の場合はかかりつけ医を早めに受診した方がよいでしょう。口内炎のためよだれが出て水分も飲めず、おしっこの量が減った場合、4日以上高熱が続く場合、高熱に頭痛、嘔吐を伴う場合、目やにが続く場合です。

ウイルスは便から数週間、のど、目から約1週間排出されます。予防のためこの間は手洗い、タオルの区別が必要です。登校してよいのは、いずれも熱が下がって、手足口病とヘルパンギーナでは発疹や口内炎があっても元気がある場合、プール熱では目やにが2日以上ない場合です。プール熱は発熱、目やにが2日以上なければ登校可能です。(2012年放送)