歯科/入れ歯の安定剤と洗浄剤の使い方

入れ歯の安定剤と洗浄剤の使い方

 入れ歯を使われている方から「入れ歯の安定剤や洗浄剤は使った方が良いのですか?」と聞かれることがよくあります。入れ歯を清潔に保つためにはブラシで洗いますが、その時、歯磨き粉は使わないでください。ブラシだけでは磨きにくいところもあります。洗浄剤を併用することは高い洗浄効果を得られるのでお勧めします。ただし、洗浄剤を使った後はきれいに水ですすいでからお口の中に入れてください。
 入れ歯の安定剤は本来入れ歯が合っていれば使う必要のない物です。ところが実際は歯ぐきが痩せてしまってどうしても入れ歯が動いてしまう方や、入れ歯は合っているが満足出来なくて使用されている方が多いようです。
 安定剤にはクッションのあるゴム状の物と、粉末やクリーム状の物があります。ゴム状の物は隙間を埋めてくれますが、量を間違えたりするとかみ合わせが悪くなり、さらに歯ぐきが痩せてくる恐れがあります。粉末やクリーム状の物は薄く伸びるのでかみ合わせが悪くなったりしませんが、粘着力が強く取り外すのが大変です。取り残しがあると口の中が不潔になる恐れがあります。
 いずれにしても、良く合っている入れ歯ほど安定剤の効果も高いので、かかりつけの歯科医院でよく相談し、調整してもらうことをお勧めします。

(2011年放送)