婦人科/帝王切開

帝王切開

 帝王切開とは子宮を切開して赤ちゃんを取り出す方法です。近年では、赤ちゃんの安全を重視することから15~20%と増加傾向にあります。自然分娩できない原因が妊娠中からわかり、帝王切開での出産が予定される場合を、「予定帝王切開」といいます。逆子、双子以上の妊娠、前回、帝王切開をして子宮破裂の危険性がある人、胎盤が産道の入り口をふさいだ前置胎盤、早産や妊娠週数に比べ赤ちゃんの体重が小さい時なども帝王切開になります。
 分娩経過中に分娩が進行せず、分娩により赤ちゃんやお母さんが危険な状態になりうると判断された場合「緊急帝王切開」となります。高年の初産婦などで産道が硬かったり、お母さんの骨盤に対し赤ちゃんの頭が大きかったり、陣痛が弱かったり、赤ちゃんの回り方が悪く分娩が進まない場合などです。他に羊水がにごり、38℃以上の発熱を伴う子宮内感染が疑われたり、臍の緒が圧迫され、低酸素状態になり赤ちゃんの心拍数が下がったり、お母さんの血圧が高くて危険な場合に行われます。麻酔は腰からの脊椎麻酔か硬膜外麻酔が一般的ですが、緊急時は早く取り出すため全身麻酔を行うこともあります。
 帝王切開も安全に行われるようになりましたが、手術にかわりはありません。術後は血栓症が起こりやすいので、その予防として、ふくらはぎをポンプで周期的に加圧したり、早めに歩いて血流をよくするよう心掛けます。
 手術に際しては、事前に帝王切開の適応や、術後の経過などについて主治医からよく説明を聞くことが大切です。

(2011年放送)