歯科/妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

 妊娠中の歯科治療は、5~7カ月の安定期を選んで行います。ご自分の体の状態がよくわからない場合には産婦人科の先生に、歯科治療を受けていい状態かどうか尋ねてください。また、歯科治療の際にはレントゲンを撮る場合もあります。歯科で使用するレントゲンの量はごく僅かで、鉛入りの防護エプロンを使用しますので、胎児への影響はほとんどないと考えてよいでしょう。痛みが強い場合には麻酔を使用することもあります。麻酔薬はごく少量の使用であれば問題ないとされています。麻酔なしで痛みを我慢することは、かえって母体の精神的ストレスが増えて胎児へ大きく影響をしますので、まずは痛みを抑えることが大切です。いずれにしても、産後にきちんとかかりつけ歯科で治療を受けるようにしてください。
妊娠中は、ホルモンバランスが崩れたり、つわりのために十分なブラッシングができない、食生活の乱れなどから、歯周病やむし歯が進行しやすくなります。妊娠初期と後期には、体への負担がかからないように簡単な処置のみ行います。この時期には歯科医院でクリーニングを受けてお口の健康を守っていくことも効果的でしょう。
また妊婦の歯周病は、早産や低体重児出産を起こしやすいことがわかっています。胎児への影響を考えると、本当は、妊娠する前に歯周病やむし歯を治しておくことが大切なのです。
(2010年放送)