小児科/冬のかぜ

冬のかぜ

 冬はかぜの季節だとよくいわれます。呼吸の際の空気の通り道を気道と呼びます。かぜとはウイルスや細菌により鼻やのどの気道の上部の粘膜に炎症を起こした状態をいいます。
どうして冬にかぜをひきやすいのでしょうか。それは寒さと乾燥により気道の粘膜にウイルスや細菌がくっつきやすくなるからと考えられます。かぜの症状としては鼻汁(はなみず)、咳、のどの痛み、発熱などがみられます。その原因の90%はウイルスと言われています。
かぜは多くの場合、クシャミ、鼻汁、咳、のどの痛み、発熱などの症状がみられ、約1週間で軽快します。ただ、1歳未満の乳児では発熱がなくても、鼻汁、鼻閉(はなづまり)や咳込みにより、よく眠れなくなったり、ミルクの飲みが低下し不機嫌になったりすることがありますので注意してください。また、かぜから気管支炎や肺炎や中耳炎を引き起こしたり、乳幼児では犬が吠(ほ)える様な咳を伴い、呼吸困難を起こすクループ症候群を引き起こしたり、RSウイルスにおいては高熱と喘息様の呼吸困難を引き起こし、危険な状態に陥ることがあります。
昔からかぜは万病のもとといわれてきました。ただのかぜと軽くみてはいけない場合もありますので、発熱が続いたり、咳が強かったり、ゼイゼイいう呼吸がみられる場合は、早目にかかりつけ医への受診をおすすめいたします。
(2010年放送)