いい歯デー(9月10日~11月8日)「お口の健康クイズ&アンケート」950人が応募

協会は、11月8日の「いい歯デー」にあわせて、県民向けに口腔内の健康の大切さを考える契機として「クイズ&アンケート」に取り組みました。15回目の今年は9月10日~11月8日の期間に実施し、950通の応募がありました。
今回は、歯科医院でのメンテナンスがどの病気の重症化予防に効果的かについてのクイズとコロナと歯科受診に関してお聞きしました。コロナを理由に受診をためらったり控えたことがあったと答えた人は44%、その理由として「歯科医院・歯科治療はコロナに感染しやすい」と思った人が3割超いることがわかりました。どのような歯科医院であれば安心して受診できるかについては、医院全体の消毒や衛生管理等の感染対策など、多くの率直なご意見を得ることができました。
期間中は、会員の皆様には応募ハガキの配布にご協力いただきありがとうございました。
11月9日にクイズ正解者を対象に厳正な抽選を行い、一等2本(現金1万円)、二等3本(現金5千円)、三等15本(千円分クオカード)を選出しました。