いい歯デー(11月8日~1月10日)「お口の健康クイズ&アンケート」1400人が応募

協会は、11月8日の「いい歯デー」にあわせて、県民向けに口腔内の健康の大切さを考える契機として「クイズ&アンケート」に取り組みました。14回目となる今回は1,404通の応募がありました。
今回は、オーラルフレイルの症状に関するクイズと保険診療と消費税についてや子どもの歯並びの治療に保険が効いたほうが良いかをお聞きしました。自由意見は50%の方が記入し、定期検診の意義や予防の重要性、歯科矯正など保険適用の拡充や治療期間の短縮などの要望、治療費が高くかかりづらいなど、率直なご意見を得ることができました。期間中は、会員の皆様には応募ハガキの配布にご協力いただきありがとうございました。
1月20日にクイズ正解者を対象に厳正な抽選を行い、1等2本(現金1万円)、2等3本(現金5千円)、3等15本(千円分クオカード)を選出しました。