長崎県に「妊産婦を対象とする医療費助成制度の創設」要望書提出

協会では、こども医療長崎ネット(協会も加入)と協力して、妊産婦医療費助成制度に関する県民対象のアンケートに取り組み、子育て世代を中心に13000人から回答が寄せられました。
寄せられた県民の声は、速報値として、6月17日に県庁で記者発表し、併せて、「妊産婦を対象とする医療費助成制度の創設」などの6つの事項を求める要望書を県に提出しました。なお、7月8日には長崎市にも同様の要望書を提出しました。
記者発表の概要はこちら(長崎保険医新聞7月号)をご覧ください。