「長崎にも黒い雨が降ったとする客観的資料」に関する意見書

 12月23日、厚労省、広島県・市、長崎県・市の5者協議で長崎を被爆認定の対象に含めないという骨子案が示された際、厚生労働省はその理由を「客観的資料がない」と述べました。裁判資料や査読の付いた論文だけが客観的資料ではありません。
 それを証明するために本意見書を作成しました。資料とともにご覧ください。

「長崎にも黒い雨が降ったとする客観的資料」に関する意見書 ・ 資 料