2021年「学校健診後治療調査」結果を公開中です

協会では、2021年2~3月に長崎県内の小・中・高校、特別支援学校を対象に行った「学校健診後治療調査」の結果を公開しました。この調査は、学校健診後の治療状況や新型コロナウイルス感染拡大のなかでの子どもたちの健康への影響実態を把握するため実施したものです。

2021年「学校健診後治療調査」報告書

9月に行った県庁での記者発表では、健診で「要受診」とされたにもかかわらず「未受診」だった割合が、全体で6割にのぼること、コロナ感染を恐れて、必要な受診ができていないことが明らかとなったことなどを報告しました。詳細は長崎保険医新聞10月号をご覧ください。