令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業について

【協会作成:解説「インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業 の届出と申請書の送付方法」】
 本補助金は、インフルエンザ流行期に発熱患者等が地域において適切に相談及び診療並びに検査を受けられるようにするため、発熱患者への診療・検査を行う県内の医療機関を「診療・検査医療機関」として指定します。
 厚労省は、この秋から発熱症状のある患者が受診する際の手続きを変更しました。まず近くの医療機関に直接電話で相談し、検査や診療ができる医療機関を紹介してもらうシステムにすることとし、都道府県に対し早急に体制を整えるよう通知しました。保健所を介さないシステムに変更し、開業医に地域での対応を求めています。
 指定及び申請は複雑です。厚労省の作業も遅延しています。現段階で判明している内容をまとめました。

【長崎県ホームページ】
 通知や届出書類はこちらから
     ↓
 長崎県ホームトップページ→新型コロナウイルス感染症関連ページの【総合ページ】新型コロナウイルス感染症について→診療・検査医療機関の指定および国庫補助金の申請について