常任理事会声明 :「HPVワクチンの正確な情報提供と積極的な勧奨の早期再開を求めます」を厚労大臣等に送付

常任理事会声明
「HPVワクチンの正確な情報提供と積極的な勧奨の早期再開を求めます」を厚労大臣等に送付

HPVワクチンはHPVの感染率を劇的に減少させ、子宮頸がんを予防する画期的なワクチンですが積極的な勧奨が中止され、すでに6年半が経過しました。世界的にHPVワクチンの接種が進み、子宮頸がんが撲滅に向かっている中、協会では、このような状況を鑑み、別紙の声明を発出しました。