「診療報酬引き上げ」「患者負担軽減」会員署名を県選出国会議員へ提出しました

11月16日、保団連は中央要請行動を行い、「2018年診療報酬改定の大幅引き上げ」などを政府関係機関、衆・参国会議員に要請しました。

長崎協会は今秋取り組んだ会員要請署名367人分を西岡秀子衆議院議員と、古賀友一郎参議院議員と面談し、提出しました。
国会行動の詳細については、長崎保険医新聞12月号で報告しています。